環境を変えると人生が変わる

先ほど、ジェームススキナーと川島和正さんの対談の動画を見ていました。

8月に友達から連絡があって、一度見ていたのですが、同じものと分からず、
1時間半分の対談を見ていました。

その中で、環境は人生に大きな影響を与えるみたいで、そして、環境は簡単に変えることができると言っていました。

たまたま転職を考えていたので、やっぱり、転職は重要かもと思ってしまいました。

同じようなことでも、接する人が変われば、気分も変わるし。

ただ、対談では、どんな人と接するかも気にしていると言っていたので、人生を満喫しているような幸せな人が働いている環境であるのがいいのかなと。

そんなの転職活動の時、わからないような。

独立して、自分が関わりたいと思う人と接するようにするか・・・。

ある程度、稼げるようになるまで、そんなことは難しいな。

やっぱり、今の職場でもできることをしっかりやり、ダメそうなら転職サービスに相談したほうがいいかな。

それに、川島和正さんは、ジェームススキナーの音声を平均100回は聞いたと言っていたので、1回だけ考えるのではなく、何回も何回も考えて行動することが大事なのかな。

逃げずに、ちゃんと向き合って、対応するのも大事だなと。

ジョブメドレーなど、転職サービスを利用したほうがいいのかな。

こんにちは。

歯科衛生士って、転職する人ってどのくらいいるんだろう。私の友達で、転職した人、たぶん、まだいないので、転職する人があまりいない業界かなって。

歯医者なので、アルバイトと同じように、少人数なので、居心地はいいけど、刺激が少ないような気がします。

家からは近いけど、そのため、平日は用事がなければ、家と歯科医院の往復だけ。

なので、少し転職活動を考えています。

条件が同じでも、転職をすることで、心機一転、やる気になると思うし。

仕事以外で、刺激のあることというか、新しいことをやればいいのかな?

っていうことを、最近はよく考えています。

それに、転職サービスは、すぐに辞めてしまうような人は断るって聞いたことがあるので、今の職場のいいところと悪いところをまとめ、もっといい職場について考えて、転職サービスの人と1回、話をしようかな?

やっぱり、悩んでいるだけでは前に進めないから。

それに、このブログを書いているだけでも、私ってかなりわがままなのではって思うところがあった。

職場に刺激を求めているみたいだけど、どこの歯科医院も刺激なんてないような気がするし。

逆に、グループみたいな歯科医院があったら、定期的に異動をしてくれるような気がするけど。

友達で、理学療法士の方がいるんだけど、入院患者の訓練をする人と、障害施設の人の訓練をする人と大きく2つのグループに分かれていて、何年かごとに異動になるみたい。

場所自体は、隣接しているので隣だけど、対象者が変わると聞いたことがあります。